キリスト教とか

愛猫と義父のはなし

先日は我が愛猫の命日で、義両親の結婚記念日だった。2年前の夏に2カ月間の闘病を経て猫は去って行き、その翌日に義両親へ結婚の挨拶をした。それからと言うもの、私にとって7月は別れと進展の季節になった。この時期になると猫に会いたい、といつも以上に強…

結婚式が無事に終わりました

延期になっていた結婚式が無事に終わりました。短い、小さい結婚式でしたが、は~~肩の荷がおりた・・・。このご時世なんで、参列してくださる人達には「申し訳ないな」と思う気持ちも有りつつ、それでも皆、快く来てくださったのかなという感触です。特に…

淡々と、やる

結婚式の準備ぼちぼち再開しなきゃなあ・・って話を前の記事に書いたのですが、私にとって最大の難関、父方の祖父母を式に誘うというタスクを先日コンプリートしましたっ。ちなみに父方の祖父母は、生粋の創価学会信者です。そして私が挙式をするのはカトリ…

回顧録④ 五島列島、福江島へ

★前回の記事 abomi344.hatenablog.com (珈琲とかんころもち/カップも素敵)◎長崎4日目。朝飯を宿に頼んでいたので女将さんの手作りご飯を朝から食す。新鮮なお野菜をふんだんに使っていて嬉しい美味しい。テレビでは首相の真珠湾訪問のニュースばっかり。…

回顧録③ 原爆資料館~大浦天主堂近辺

★前回の記事 abomi344.hatenablog.com 長崎原爆資料館~平和記念公園 (原爆資料館への道) (セントポール通り)◎長崎3日目。今日は中心街の残りを回る予定。昨日と同じで朝ミサに行ってから軽く朝ご飯。時間との闘いなので、順序よく見て回れるように今日…

回顧録②「沈黙」の舞台、外海へ

★前回の記事 abomi344.hatenablog.com 浦上天主堂 (部屋からの景色)◎長崎2日目。眠い目を擦ってなんとかAM5:30起床し、AM6:00からの浦上天主堂のミサに行く。外はまだ暗くて雨も少し降っている。目の前を小柄なシスターが歩いている。ミサに出る人はちら…

回顧録① はじめての九州

世間はGWモードですが、ご時世柄旅行には行けないのでいつかやろうやろうと思っていた長崎一人旅の回顧録を書こうと思います。とはいえ、一から思い出して書くのはもはや不可能なので過去サイトの記録から抜粋した文に加筆修正することとします。4年も前の旅…

わたしの好きな絵

先日、10年来の友達から連絡がありました。半年くらい前にカトリックの入門式(これから教会で勉強します~という意思表示的なもの)を受けた子なのですが、今度の復活徹夜祭で洗礼を受けることに決めたそうです。↓この記事で書いた子です。abomi344.hatenab…

(約)10年前の私は

たまにはお題に挑戦してみます。今週のお題:二十歳 過去の感傷に浸るのはあまり好きではない。が、20歳はすべてが変わった年だった。 20歳になる直前の19歳の夏、私は初めての一人旅をした。恩田陸の「まひるの月を追いかけて」に影響されて、奈良の明日香…

長崎原爆の日

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000011-asahi-sociheadlines.yahoo.co.jp1945年のこの日に落ちた原爆の爆心地に程近い場所にあった浦上天主堂でベールを被って祈る女性。Yahooのヘッドラインに使われていたこの写真、美しいなあと思いました…

広島原爆の日

1945年8月6日8時15分に広島の上空で原子力爆弾が爆発した。まだ100年経ってないんですよね、その時から。と、今日出勤中に電車に揺られながらふと思った。 広島の原爆と言うと、私はいつものことながらお世話になっている老神父様の話を思い出します(私が特…

「私は〇〇ではありません」という免罪符

真夏の綺麗な夕暮れ。 時々ぼんやり考えていることについて書きます。 「私は特定の宗教に属していません」とか「私は無宗教です」という言葉を時々聞いたり見かけたりすると思うけど、私はいつもこの言葉に何か引っかかりを覚えていました。 まず、歴史を振…

自分の人生に何が必要なのか見極める

最近、私の専門学生時代の同級生がキリスト教カトリックの入門式を受けました。カトリック教会では、どこの教会でも司祭やブラザー、シスターが受け持つ入門講座というものを開いています(最近は聖職者不足のために神学を修めた一般信者の方が教鞭を取るこ…

看取るということと、長い時間をかけて育む信頼のはなし

学生時代の恩師のお母さんが先月亡くなられた。昨年にはお父さんも亡くなっているのだが、両親とも長寿で、お父さんは90歳以上、お母さんも80代後半までご存命だった。病気もなくずっと健康そのものなお二人だったそうだが、やはり80代の半ばを過ぎる頃には…

Jesus remember me, when you come into your kingdom.

先週末はイースターでございました。大したことはやってはいはずなんだけど、先週は週末に向かうにつれて心身ともに疲れ果てていって、ずっと「しんど~」と思いながら過ごした。それでもなんとか教会に行くと、不意に日々の色々を考えてしまって、何故かダ…

灰から生まれ、灰に帰る

一昨日は灰の水曜日でした。灰の水曜日とは、復活祭(イースター)の40日前(日曜日は数えない)の水曜日のことで、この日から復活祭への準備期間である四旬節が始まります。準備期間では具体的に何をするのかと言うと、信者は「回心する」ことに努めます。…

Ave Maria

受胎告知の絵が大好きです。ちなみにアヴェ・マリアの意味は「こんにちはマリア」。大天使ガブリエルが聖母マリアに受胎の告知に来た、まさにこのシーンに発した言葉ですね。そして、カトリック信者の間で特に好んで唱えられるお祈りも、アヴェ・マリア。 私…

できるかぎりニュートラルな視点を持ちたい

先日初詣に行ってきた時に引いたおみくじは吉だった。諸事情により大人になるまで初詣に行ったことがなかった私は、三が日が過ぎても大混雑している都内某寺の様子に驚くばかり。こんなに沢山の人がお参りしに来るんだなあと、何だか感慨深くもあるのだった…

おばあちゃんが嫌い②

abomi344.hatenablog.comつづきです。 ただ可哀想だと思っただけだった 我ながら恐ろしくて、「早く死ねばいい」と思ったことは1人の神父様にしか言ったことがない。神父様は、私がこのことを口にした瞬間「もうそれ以上言わなくていい」と言って、抱きしめ…

おばあちゃんが嫌い➀

正月が迫ってきている。私にとって正月とは、楽しみでもあり憂鬱な時期でもある。原因は祖父母の存在だ。母方の祖父母は早くに亡くなっている&田舎に住んでいてなかなか会えなかったので記憶が薄いのだが、父方の祖父母は健在で都心住まい。それでも私は昔…

構成要素Ⅱ 信仰-②

前回からのつづきです。abomi344.hatenablog.com + 洗礼を受けたい! いよいよ卒業という時に先生が、今までみたいに頻繁に会うことはできないだろうけど、abomiがやりたかったら聖書の勉強をこれからも続けないかと言ってくださり、その言葉に甘えて私は卒…

構成要素Ⅱ 信仰 - ①

前回の記事にてちょっと宗教的な話をしたので、引き続き自分の宗教観についてフォーカスしたいと思う。前回の記事↓ abomi344.hatenablog.comブログ開設初期に、自己紹介がてら自分好きなこと、普段考えていること等々を順に記事にしていきたい、というような…

死者の月

もうすぐ11月が終わっちゃうんだってよ・・!時の流れが早すぎてただおののくしかないabomiです。 先日の記事で、母と二人で出かけた話をした。abomi344.hatenablog.com毎年この時期になると母と一緒に必ず行くところがあるので、今日はそのことについて書き…