本音の話

何だか自分の不調の話ばかりですみません

後期つわりが始まったような気がする。黙ってても胃液が込み上げてくるし、食べて無くても食べた後も薄ら吐きそう。そして油断するとリバース(涙)こういう症状が全く無い妊婦さんもやっぱりいるんだろうか?でも何ともなくても何かしらマイナートラブルは…

愛猫と義父のはなし

先日は我が愛猫の命日で、義両親の結婚記念日だった。2年前の夏に2カ月間の闘病を経て猫は去って行き、その翌日に義両親へ結婚の挨拶をした。それからと言うもの、私にとって7月は別れと進展の季節になった。この時期になると猫に会いたい、といつも以上に強…

春は憂鬱も含めて春

春が好きですが、3月も中旬頃になると異動の話がちらほら出てくるので、自分に異動がなかったとしても何だかソワソワして落ち着かなくなります。思えば学生の頃から入学式や新生活に馴染む期間が苦手でした。小学生の頃は入学直前に髪の毛を母親にバッサリ切…

いつまで親に頼っていいのか

前々回の記事の続きのような感じです。 先日用事があって実家に少し帰っていました。今よりもコロナが流行っていた時期は全然帰っていなかったので、飼い猫に忘れられたのかものすごく警戒されてしまった。悲しい。 実家に帰ると母とはよく色んな話をする方…

子を持つことに慎重であることは悪いことではないハズ

そんなことを思う。 結婚したら、夫婦の希望は色んな道に分かれる。1.すぐにでも子供が欲しい 2.いつか授かったらいいな 3.しばらく子供は欲しくない(いつかは欲しいor授からなければそれでもよい) 4.子供はいらない望んでも出来ない場合を除いて…

9月現在・東京都民のコロナ感

まだコロナが下火になったとは全然思っていないんだけど、一体いつまでどのくらい警戒し続けていれば良いのか? ということを人知れずこんこんと考えたりしてます。というのも、現時点で継続して最も感染者数の多い東京では、同じ都民と言っても考え方が人に…

長年の疑問が腑に落ちた件

先日、不意に流れてきた以下のツイートを見て「ああなるほどそういうことだったのか」と思った話。周りで何が起きても「自分は楽しいことだけを考える」というのは冷淡さの表れでもあるわけ。本人は前向きだと思ってたりするんだけど、それはかなり違う。— N…

人のことが気になるのなら

やはり、あまり多くの人たちと無造作に繋がらない方が良い、と私は思うのです。 abomi344.hatenablog.com過去にこんな記事を書きましたが、如何せん、私自身がふと人のことが気になる時がある。全く他人に興味が無いというのも考えものですが、「あの子はこ…

こういうのをフェミニズムっていうのかな

ちょっと前にお笑い芸人の岡村さんの発言が炎上していました(今もしているのかな)。ネットニュースでも取り上げられていたので、音源は聞いていないですが私もこの発言の内容は知っています。 その時の私の感想はと言うと、ウ~~ン・・・??? という感…

誰かの代弁でも意味ある批判はされ続けるべき

例の国会を見たのだけど、参議院議員の蓮舫さんが与党が立てた補正予算に対して厳しく突っ込んでいた。賛否両論あるようだけど、私はあの時の発言の内容だけを抽出するなら、蓮舫さんは別に間違ったことは言ってないと思った(彼女の前後の主張は知りません…

贅沢な辛抱

昨日は週1の出勤日でした。正直週2~3はでないと仕事が片付かない。でも自分だけ出ても、他の人に作業を頼まなきゃいけなかったりする案件もあるので結局進まない。モヤっとしてしまったのは、こういう時に、普段のそれぞれの仕事量の負担差が明確になるよな…

選ばれし民などどこにもいない

このご時世、ウイルスが移る・移すような行動を極力避けることは大事だし自制ができることも立派だと思うけど、だからと言って外で他人に出くわすこと自体を恐れてその都度精神に負荷をかけていては、あっという間に心が病むだろうな、と。仕事も含め必要な…

死を決める、その軽さ

先週、2016年に相模原の障害者施設で起きた殺傷事件の犯人である植松被告の死刑判決が下されたことがニュースになっていました。コロナ騒ぎに紛れてあまり大きな話題にはならなかったようですが、ネットニュースにはいくつか記事も上がっています。これを見…

毅然とした態度で、明るさを失わず、賢明な対応を

コロナ予防のため、職場の閉鎖期間がまた延びました。仕事はあるのですが、なかなかメリハリの無い日々を過ごしています。うちの職場は外部からの利用をシャットアウトしても然程営業に支障は出ないのですが、サービス業界は大打撃ですよね。コロナよりも先…

結婚式の本音の話

同僚の結婚式に行ったお話を前回の記事で少ししました。最近は、規模が大きな結婚式でも仕事関係の人を招くということは減ってきているのかなと勝手に思っていたりするのですが、今回私も初めて同僚の立場で参列しました。 必要以上にはしゃいだ演出もなく全…

別に“ゆとり教育”が原因じゃないと思う

昨年度から職場に来る新人さんが悉く強烈だったんだけど、今年度から来た新人さんもなかなかだなーと思う所存。昨年度は2人連続でおそらく発達障害かそれに近いと思われる方が入社してきて、既存のメンバーがだいぶ苦労しました。(デリケートな問題だと思い…

何故モラハラ夫(彼氏)に捕まってしまうのか

もう一つ、別の友達のことで気になることがあったので書きます。あまり内情に深く関わることを匿名とは言えブログに書くのもな・・という気もするのですが。 以前結婚式に参列した例のカップルなんですけど、私が苦手だと言っていた旦那さん、やっぱりモラハ…

新しく家族を持つことの難しさよ

先日久しぶりに幼馴染とご飯に行ってきました!お酒好きな子なので、飲みに誘ってくれたのです。 やはり話題は近状報告が中心になるのですが、先に結論を言ってしまうと、幼馴染の精神状態が心配になる話が多かったように思います。幼馴染には離婚歴があり、…

なんで皆そんなに他人の事が気になるんだろう

私は元来噂話が嫌いな人間なのですが、それは母からの影響が大きいと思います。よく田舎はご近所間の噂話の横行が激しいと言いますが、うちの母は田舎出身であるもののどちらかと言うと人間関係のそういった面で嫌な思いをしたのは東京に出てきてからの方が…

いつかこの不安は消えるのだろうか

abomi344.hatenablog.comこの後の話ですが。 もう私もこれ以上物件探しをするのがしんどいので(暑さ的にも!)7月末に見に行った部屋で「ここいいね」と2人で言っていたところにいっそ決めちゃう?ということで不動産屋に連絡してみたのですが、なんと別の…

「私は〇〇ではありません」という免罪符

真夏の綺麗な夕暮れ。 時々ぼんやり考えていることについて書きます。 「私は特定の宗教に属していません」とか「私は無宗教です」という言葉を時々聞いたり見かけたりすると思うけど、私はいつもこの言葉に何か引っかかりを覚えていました。 まず、歴史を振…

それでも幸せになってほしい

おめでたい話に水を差すような感じになってしまったので、苦手な方はブラウザバック願います。。 先日、友人の結婚式に行って参りました!子供の頃からの友達のきれいな花嫁姿を拝めて感無量。老舗の高級ホテルだったので食事もものすごく美味ッ。二次会まで…

ちょっともやっとした話

最近、彼氏との共通の友人(♂)が、私に対して「よくこんな頑固な男を我慢できるよなあ」と言ってたよ、と彼本人から言われた。言葉のニュアンスとしては、その友人は別に悪意があってそう言ってるのではなく、気の置けない男友達同士ってわりとこういう軽口…

なんだかなあ思うこと

abomi344.hatenablog.com上記の記事で触れたBちゃんの結婚式の日取りが決まったと連絡があった。 夏の結婚式になるようです。Bちゃんは夏生まれなのでぴったりだ。私はあまり結婚式に呼ばれる機会がないので何がスタンダードなのかいまいち知らないけど、最…

「私のこと何も知らないくせに」という言葉は甘えだと思う。

最近ふと思ったことをひとつ。20歳くらいの頃、私にはひそかに心に決めたことがありました。それは、”自分のことを誰かにわかってもらいたいと期待するのはやめよう”ということでした。それは卑屈になって出した結論ではなくて、純粋にそう思ったのです。私…

心の平穏を保つために人に会いたいと思った

写真は大好きなミモザ。うまくドライフラワーにできるかな。 週末事件簿を書き終えて、脱力気味なabomiです。疲れた・・・・こういう時、どうやって気分転換していたんだっけと考えている。独り暮らしで、恋人もいなかった時、どうしていたっけ。美味しいも…

SNSに思うこと

私はSNSをまともにやったことがない人間だ 自分の学生時代を遡ってみると、前略プロフ→mixi→Twitter→Facebook→Instagramという順番でSNSが流行っていたかと思うけど、実のところ私は1つもまともに活用したことがない。現在使っているのはLINEくらいだけど、…

私は実家暮らしが嫌なわけではない(ハズ)

K氏と話していてふと思ったこと。 お題「28歳(もしくはそれ以上)実家暮らし、どう思う?」 ※28歳と言ったのは単純に私達と同い年だから。 私「自立したいと思わないのかな?」 K氏「何も思わない。強いて言えば“貯金できていいなあ”ってくらいかな」私はこ…

おばあちゃんが嫌い②

abomi344.hatenablog.comつづきです。 ただ可哀想だと思っただけだった 我ながら恐ろしくて、「早く死ねばいい」と思ったことは1人の神父様にしか言ったことがない。神父様は、私がこのことを口にした瞬間「もうそれ以上言わなくていい」と言って、抱きしめ…

おばあちゃんが嫌い➀

正月が迫ってきている。私にとって正月とは、楽しみでもあり憂鬱な時期でもある。原因は祖父母の存在だ。母方の祖父母は早くに亡くなっている&田舎に住んでいてなかなか会えなかったので記憶が薄いのだが、父方の祖父母は健在で都心住まい。それでも私は昔…