趣味を作る(前編)

f:id:abomi:20181030155229j:plain

最近、危機感を抱いている。

非恋愛体質が故に、自分はあまり他人に興味がないのだと思い込んで忘れていたけど、逆に私は一度思い入れた人に対してはかなり執着心が強い人間だった。

対人関係において、そこに落ち込んだら不味いだろうっていうところに気付いたら落ちてきてしまっている。

結果相手には不快な思いをさせ、ただ迷惑をかけるだけ。

何故こんなことになってしまうのかと思う。


考えた結果、自分が暇すぎるのが良くないのかもしれないと思い始めた。

私は無趣味ではないと思っていたが、日常的にすることと言えば本を読むくらいで、後は気が向いた時に映画を見たり、裁縫をしてみたり、新しい料理にチャレンジしてみたり、銭湯行ったりするだけ。

読書はすでにライフワークの一部だし、その他の好きなことも継続している趣味とはとても呼べないような物だ。

だから、空いた時間があると相手のことを考えてしまう、待ってしまう。

相手が忙しければ忙しいほど、待たされている、という感覚が強くなっていく。

そのぶん鬱憤が溜まって、勝手に爆発して、相手に迷惑をかける。

これは絶対に良くない。


こんな子供みたいな恋愛は本来望んでいなかった(自分がこんな風になるとは・・結構戸惑っている。情けない・・・)。

お互い社会人で平日は仕事、他にも独り暮らしでやるべきことを抱えている。

残りのプライベートの時間で友達付き合いや趣味を楽しんで、且つ恋人と向き合う時間を捻出しているはずなのに。

それでも私は決定的に暇なのだ。

先日、それでK氏に突っかかってしまった。

お酒の勢いも入っていたけど、後に引っ込めなくてガンガン攻撃してしまった。

いつもは絶対しないことをしたので、我を忘れていたとは言え、史上最悪に暴走していたと思う。

ものすごく、後悔している。


何か、はじめよう その1アウトドア編

というわけで、読書以外に何か趣味を探してみようかと思い立った。

他に夢中になることがあればその時間は気が紛れるし、話のネタも増えて一石二鳥だ。

室内にこもって一人で黙々とやるものもいいけど、どうせなら外に出て周りに人がいる状態でやるものをやってみたい。

色々考えて、思いついたものを挙げてみた。


1)ボルダリング

早々に却下(笑)

やったことあるけど、これは誰かとワイワイやるもので一人で黙々と登って楽しいものとはあまり思えなかった。

でも最近は一人で通って楽しむ人も多い模様。

初期費は入会費くらいで、シューズもレンタルで良ければ施設によるけど500円くらいでできるので気軽に始められることは確か。

ウェアも適当にTシャツと短パン+スパッツとかでできるのでお手軽度は高いです。

楽しくなってきたら、専用のシューズを買うのが良いのかなという感じ。


2)登山

ボルダリングからかなり飛躍しましたが、これはずっとやってみたいと思っていたこと。

初心者はとりあえず高尾山とかから始めれば良いのだろうか。

初期費の想定は以下の通り。

・トレッキングシューズ 最安値で5000円~
・登山リュック 日帰りなら25Lのヘリーハンセンを持っているので無料、もっと本格的にやるならそれよりも大きめのを買うつもりで
・ウェア これはピンキリかな・・。安くて10000円以内まで、いいのを揃えようとしたらもっとかかるだろう。

 合計:約15000円~

うむ。実践に移してみてもいいかもしれない。


3)カメラ

始めてみたら案外楽しいのかも・・・と思ったものの一つ。

撮られるのは好きじゃないけど、撮る方だったらどうなんだろう。

景色とか、動物とかの写真は結構好きだしね。

今まであまり興味が無くて、撮影するのも下手だしな~と思ってまともに考えたことがなかったけれど。

普通のデジカメから始めるなら、親の物を借りれられれば初期費用0円(ただし型はかなり古いと思われる)。

さすがに姉上の高いカメラを「貸して」とは私も言えないので・・。

もし、自分専用のものを買うなら最近はデジタル一眼レフカメラというのがあるそうだ。

そこで、初心者 カメラ おすすめ でググってみたところ、

初期費用:カメラ 50,000円~から

無理かな~~~~。

続けるかどうか分からないものに5万はキツイ・・・良いものを買おうとしたら普通に何十万単位のようです。

でも、季節柄きれいな紅葉の写真とかが撮れたらいいのにな~なんて憧れたりはしています。


4)ツーリング

これもずっとやってみたいと思っていることの一つ。

実は過去にストレス値が最高潮だった時期に、今しかできないことをやろうと思って普通自動二輪の免許を取得しました(ほんと、かなり勢いだった)。

実家住まいでお金もあったからやれた暴挙です。

結局、その後間もなく独り暮らしを始めたので自活のためにお金は消えてゆき、とてもじゃないけどバイクなど買えるはずもなく早数年(ローンを組む勇気もない)。

すぐに実行に移せないとは言え、やっぱりいずれは挑戦してみたいな~バイク乗りになってみたい。

購入して乗れるようになったところで、バイク仲間を探さないとツーリングには行けないんだけどね。

一応調べてみたら、公道に出てないキラッキラのペーパードライバーのために「ペーパードライバーコース」というのを設けている教習所もあるようだ。

参考価格:約30,000円也

う~~~~ん。


5)ヨガ、ダンススクール等

やっている人が身近にいたので一応挙げてみたけど、こちらも柄じゃないので却下(笑)

ホットヨガは体験だけしたことがあるのですが、もし好きな感じだったら続けられるかな~(ワクワク)と思ってたんだけど、暑さはともかく沢山の人たちの汗が混じった匂いが苦手なのと、体が壊滅的に硬いのと、インストラクターのお姉さんが醸し出す世界観が私には合わなかった。

普通のヨガもきっと同じだと思うんだけど、瞑想的なススメも入ってくるようだし、なにより最後の挨拶が「ナマステ」だったことが衝撃だった記憶がある。

ヨガにハマっている人のことは、どんどん体柔らかくなって血行も良くなって綺麗になれるみたいだから、今も尚いいな~と思って指を咥えて見てはいるのですが・・・自分がやるのは向いてないかなーという印象。

ダンススクールに関しても然り。


6)楽器

そうだ楽器を習うのはどうだろう??

小中学校時代、6年間吹奏楽部に所属していたabomi。

打楽器担当だったので管楽器はサッパリ。

当時は部活という組織に疲れ切ってはいたが、それでも音楽自体は結構楽しんでいたと思う。

管楽器にも憧れたけど、打楽器も結構奥が深いものです。

ミスしたら目立つし、曲中の花形にもなり得ますのでね。

というわけで、比較的すんなりと始められそうな楽器は何だろうと考えた結果、それはマリンバ

マリンバってプロの演奏を見ると本当に惚れ惚れします。

もちろん今からあんな風になろうとは思わないけど、趣味程度で始めてみたら、人との交流も広がりそうだしいいんじゃなかろうか。

というわけで早速マリンバ教室(少ない)についてざっと調べてみたところ、相場は月2~3回のレッスンにつき月謝10,000円くらいのようだ。

候補の一つとして考えてみよう。


思いの外長くなりそうなので後編につづく・・・。