Ave Maria

f:id:abomi:20190205135543j:plain

受胎告知の絵が大好きです。

ちなみにアヴェ・マリアの意味は「こんにちはマリア」。

大天使ガブリエルが聖母マリアに受胎の告知に来た、まさにこのシーンに発した言葉ですね。

そして、カトリック信者の間で特に好んで唱えられるお祈りも、アヴェ・マリア


私は怖いことや心配なことがあった時、これを唱えることがある。

昨日の夜もなかなか眠れなくて、アヴェ・マリアを10回。

本当に心が落ち着いてくる気がする。息がしやすくなる。

困った時の神頼みや、おまじないのように使いたくはないけれど、確かに精神安定剤としての役割もしてもらえるようだ。


嫌なことが続いたり、人とぶつかったりすると冷静な判断ができなくなる。

それは私の未熟さのせいだけど、そこを補うためにも、「私が大切なことを決める時、貴方の御前において間違えることがありませんように」と祈る。

神頼みをしたところで、決めるのは【私】だから、【私】が意識していつもしっかりしてなきゃならない。

おかしな方向に行きそうになったら、指標に向かって何度でも道を戻らなければならいない。

・・・と、改めて決心を固めた今日。

周りには愚かだと笑われることでも、恐れずにやらねばならないこともあるのかもしれない。

アヴェ、マリア、恵みに満ちた方、
主はあなたとともにおられます。
あなたは女のうちで祝福され、
ご胎内の御子イエスも祝福されています。
神の母聖マリア、
わたしたち罪びとのために、
今も、死を迎える時も、お祈りください。
アーメン。

※上のものが最新ですが、1993年まで100年近く使われていた古い訳もとっても綺麗↓

めでたし、聖寵(せいちょう)充満てる(みちみてる)マリア、
主、御身(おんみ)と共にまします。
御身は女のうちにて祝せられ、
御胎内の御子(おんこ)イエズスも祝せられ給う(しゅくせられたもう)。
天主の御母(おんはは)聖マリア、
罪人なるわれらのために、
今も臨終の時も祈り給え。
アーメン