ちょっともやっとした話

最近、彼氏との共通の友人(♂)が、私に対して「よくこんな頑固な男を我慢できるよなあ」と言ってたよ、と彼本人から言われた。

言葉のニュアンスとしては、その友人は別に悪意があってそう言ってるのではなく、気の置けない男友達同士ってわりとこういう軽口が多いのでその類なんだと思う。

彼自身も笑いながら話していたので、ふーんと思いつつ、何かもやっとしたものが心の中に広がった気がした。


私は、咄嗟に「別にそんなに我慢してるつもりないけどなあ」と言った。

そしたら彼は、「でも自分には確かに一度こうと決めたことは譲らないところがあると思うし、人の意見は聞くけど納得できなかったら基本聞き入れることはないし」と言った。

なんだかよくわからないけれど今まで周囲の人にそう言われることが多かったのか、彼は自分がどういう人間か?ということを話す時に上記のようなことを繰り返し言う。

私としては、納得できないことを受け入れないのは当然のことだし、一度決めたことを貫き通すのは基本的には当たり前のことだと思うんだけど。

むしろ、他人に言われたからって「やっぱこっちにしよ」と決断を簡単に覆したり、ぐだぐだ悩み続けるような人の方が自分が無いんだなあと思ってあまり良い印象を抱けない。


要するに、程度の問題だと思うのだ。

他者との協力が必要な場面でも自分のやり方を曲げない、柔軟な対応は一切できない、そういうタイプなら私はとっくに彼から逃げ出してる。

自己完結できる範囲で頑固ならば、別に好きにすればいいと思う。私もそうさせてもらうし。


面倒くさいなと思うのは、彼の場合は「人の意見を基本的には聞き入れない」と言いながらも、上記のようなことを繰り返し言う=人に言われたことをずっと気にしているからっていう矛盾にあまり気付いてなさそうだということ。

自分が決めたことを信じているなら、他人にとやかく言われても気にしなければいいのに。

気にしていたとしても、それを度々表に出してるのは正直言ってちょっとダサいなと思ってる(←)。


あと、もやっとしたもう1つの原因は、友人の言葉のニュアンスが「私が彼に全面的に合わせている」とも受け取れるような感じだったからだと思う。

そして、もしかしたら彼自身もそう思ってるのかなと(そんな感じがした)。

でも実際には、私は決してそんなお人好しではない。

私は細々としたことの拘りは少ない方だから「相手の好きなようにしてもらえればいいや」と思うことも多いけれど、自分が納得できないことで、特に大切なことだと思うことは死守してきたし、これからだってそれは変わらない。

そのことはすでに彼にも伝えている。


私は、ここまで2人の関係を継続させてこられたのは、私たちがお互い近い感性を持っていて一緒に居て無理なく過ごせたからっていうのが大きいと思う。

そどちらかがどちらかに合わせてばかりいる関係ってフェアじゃないし、私は納得できない。

あとは、どっちが合わせているかということを勝手に断定するのもちょっと失礼だなと。

もし彼も「abomiが俺に合わせてくれてる」と思っているのであれば、それだって傲慢な勘違いだよね。

私は別に無理して我慢して彼と一緒にいるわけじゃない。


友人は本当にいい人なので全く他意なく発言したのはわかっているけど、傍目から見るとそう思えるのかな~ってちょっと気になった。

彼にも、私が自分に合わせてくれているから心地好く過ごせるのではなくて、2人の感性が合っているからすんなりと行くんだ、というようなもっとポジティブな発想を持って欲しいなあと思った。

失礼だとか傲慢だとか、そういうのは省いた上でそんな話をしたら、「確かに俺たちは似ている」「こんなに気が合う人は初めてだ」とか言い始めた。ありがとよ。


そんな感じで、似てるって良いことなのかな?っていう素朴な疑問を長らく抱いていたけど、皆が言う「価値観が合う」っていうのは、もしかしたらこういうことなのかなとやっと納得したのでした(まあ別にぴったりってわけじゃないけど 笑)。


追記:
この前仕事帰りに寄ったスタバで飲んでみたエスプレッソアフォガードフラペチーノがすんごい美味しかった。

f:id:abomi:20190511163101j:plain