実家って疲れる・・・?

先日宣言したとおり、猫の面倒を見るためにひとまず向こう1カ月分の定期を買ってほぼ実家から仕事に通い、週1で自宅に帰るという日々を送っています。

そして、まだ1週間目なのにすでに実家にいることに疲れています(笑)

昨日、荷物の受け取りがあるので数日ぶりに自宅に帰ったら疲れてしまっていたみたいでご飯を食べた後泥のように眠りました。

自分の部屋、自分のキッチン、自分のベッド・・・そういうものがすごく心地好いものに思えました。


実家にいてストレスなのは、物が多すぎること。

先週末、母の部屋(元私の部屋)が倉庫化しているのが耐えられなくて今後絶対に着ない服や読まない本をじゃんじゃん捨てました。

埃が酷くてくしゃみも止まらないしイライラ。

空気清浄機つけな!って言われたけど、そもそもこんなふる~~~い服を大量に溜めこんでなけりゃ空気清浄機がなくても人は健康に生活できますよっと。

あとどこに何があるのかわからないこともストレスですね。

慣れれば良いのかもしれないけど、家に自分以外の誰かがいると物が知らぬ間に移動しているということもあるわけで。

それでも物自体が少なければあっさり見つかると思うんだけど、前述のとおり全くそんなことはないのでイライライライラ。

父もこれは感じているみたいで、最近は冷蔵庫の中身チェックを母の代わりにしてくれてるみたい。

母は放っておくと食品を買いすぎるし、賞味(消費)期限切れのものも捨てずに取っておく人なので・・・。


ゴミ屋敷ってほどじゃないけど、物が溢れて飽和状態なのがこんなにも嫌なものだなんて思いませんでした。

それでも数年前まではここに住んでいたはずなんだけどなあ。

また人と暮らせるのか、ちょっと心配になってきたよ(笑)

まあK氏は綺麗好きだし物を溜めこまない主義だから大丈夫か・・・。


猫たちは、その後特にこれといった変化もなく普通に過ごしています(ホッ)。

病気が発覚した兄猫は、食事を工夫するようにしたら一時期よりはまあまあ食べるようになってくれたので良かった。

薬は多めに入れすぎるとバレるので、上手く誤魔化しつつやってるんだけど少なすぎるとエサの方ですぐお腹いっぱいになっちゃって薬をあげ切る前に食べるのをやめてしまうのが難点です。

排泄も通常時よりはぐっと少ないけど完全に0ではない様子。

ずーーーっと寝てばかりだった時とは違って、朝起きたらエサを欲しがって追いかけてきたり、ノドをごろごろ鳴らしたり、お気に入りの毛布でフミフミしたりしてます。


弟猫が、兄猫が何も食べられなかった時からちゅ~るや缶詰を特別にもらっているのを羨ましそうにじっと見ているのが可哀想で(笑)

でも彼は最近だいぶ太ってしまったので、きっとこの数カ月間兄猫が徐々に食が細くなって残していたご飯を人知れず食べちゃってたんだろうなと・・・。

どちらかが急に太ったり痩せたりしたら、そういうのも疑わなきゃダメなんだと学びました。遅いよね・・・。

最近でも兄猫が残した薬入りご飯を狙って食べようとする時があるので、「ダメ!」と怒ると、ブツブツニャゴニャゴ言いながら部屋の奥に去って行く時があります。

ゴメンよ。キミもかわいいよ。


そんな弟猫は兄猫の様子がおかしいことにはなんとなく気付いているようで、いつも兄猫に舐めてもらうために側に行って甘えた後少しちょっかいを出したりするのですが、最近は舐めてもらった後に余計なことはせずにスッと引き下がります。

えらいね。

うちの猫は5歳差で、弟猫は兄猫のことを母親のように慕ってるので1匹残されたらきっと家の中を探し回るだろうな。

いつかは来ることと知ってはいたけど、覚悟ができているかと言われると、全然そんなことはなかったんだな。


ともあれ、どっちもちゃんと可愛がってあげなきゃならないので、今夜もせっせとおさわりに励みます(弟猫はお尻タッチをすごく喜びます)。

猫飼いさんは知ってると思うけど、人は所詮猫の下僕なのだから。