彼とご飯とお酒のおもひで

f:id:abomi:20190703124047j:plain

先日彼と一緒に行った居酒屋で出てきたビール。

私は手前のノーマルサイズを嗜んだけど、彼は奥のマンモスサイズを注文。

馬鹿でかくてビックリしました。

最近、お得感を煽るためなのかこういうビッグサイズのジョッキを出すお店が増えた気がするな~。

でも私は、ビールは冷たいうちにグイっといきたいのでノーマルサイズのジョッキがやはりベストだと思うのだ。

あとさすがに女性がこのサイズ飲んでたら引きませんか(笑)


f:id:abomi:20190703124050j:plain

御相撲さんが描いてある。


なんだか、彼といると食べ物の話になることが多い気がします。

付き合って間もない頃にベスト20くらいまであるらしい好きな食べ物ランキングについて熱く語っていた彼。

私は今でもベスト5くらいまでしか(しかも順不同)覚えられません。

一方彼から「好きな食べ物何?」と聞かれても私は「ビールだな」と答えるので、いつも「それは飲物である」と諭されます。

結論:ビールに合うものだったら何でも美味いのだ。

ブラックジャック先生のボンカレー理論と同じやね。

f:id:abomi:20190704141747j:plain


ちなみに私が過去最高にテンションがあがっていた(らしい)ご飯は生牡蠣を食べに行った時でした。

確かに生牡蠣食べてる時はこれ以上ないくらいの幸福を感じるな・・・。

昨年行った金沢の近江町市場で食べた牡蠣が私史上最大にでかくて立派な牡蠣でして、その時もものすごく幸せだったしなあ。

f:id:abomi:20190705125224j:plain

まるで岩のような殻にでっかい実がついてて感動しかなかったわい。


食の好みが合うってやっぱり大事かもなーと思う。

何を食べるかで揉めたことが一度もないし、不満に思ったこともない。

彼も私が作った料理を美味いと言ってモリモリ食べてくれるのでありがたい。

強いて言えば、彼は甘い物を食べないのと女子会とかやってそうなダイニングバー的なところが苦手なので、ご飯に行くとなると二人とも好きな赤提灯系の居酒屋が多くなります。

女子が好きそうなご飯は職場の人や家族と行けばよろし。


でもね、一応いっちばん最初のデートの時はオシャレなクラフトビールのお店だったんですよ。

どっちにしろビールなんだけど、私が好きなのを知っていたから彼が人気なお店を予約しておいてくれたのです。

台風の日だったけど、キャンセルまたは延期の連絡が来ないので、決行するのか?!と思いつつ私も楽しみにしてたので頑張って行きました。

すんごい雨で到着までに下半身がびしょびしょになってしまったんだけど、ビールもご飯も美味しかったし、初めての二人きりの食事はとっても楽しかった。


2回目のデートは私のオススメの店がいいと言われ、普段夜の外食だと安い居酒屋で焼き鳥とか焼き豚とか串カツとかばっかり食べてたから悩みました・・新宿御苑あたりのオシャレ焼き鳥がいいのか・・?と。

結局、あまり気負っても仕方ないかと思って本気の推し店(当時棲んでいた町で有名な赤提灯系焼き鳥店。モツ煮とホッピーがオススメ!)に決めた。

結果的には「肩肘張らずに吞めるこういう店好きだな~!」って言ってもらえた。

今でこそ2人とも迷わず赤提灯!って感じだけどね、そんな時もあったのよ。

オシャレ系なお店はお祝いの時に行くくらいなので、余計に特別感が強く感じられていいな~と思ってます。


3回目のデートは彼にお任せコースにしたところ、紅葉を見に連れて行ってくれて、また夜はクラフトビールでした。

そしてこの日の帰りに「abomiは彼氏いるの?」と聞かれて、こいつ今更何を言っとるのだと思った記憶が・・(笑)

日和った彼は、本当は帰り道に告白してくれようとしていたらしいのですが、その日の夜帰宅してから電話で好意を伝えてくれました。

訳あって1年くらい片思い状態だったから嬉しかったなあ。

普通、電話なんてありえない!と思うのかな?

私はあまりそういうの気にしたことなかったし、確かにこういう場面で非常に緊張してキメるところをキメられないところがある人だけど、彼以上に優しい男性に私は出会ったことがなかったので、やっぱり彼以外はあり得ないと思うのです。

臆病な面が、多大なる優しさでカバーされていると本気で思うし、本当にビックリするくらい我慢強い。

きっと彼はこの先も怒鳴ったりとか絶対しないんだろうな。汚い言葉も使わないし。

私の方がずーーっと気が短いし、いつもプリプリしてるよなあ。


と、だらだら惚気ましたが。

明日はいよいよ彼のご両親にご挨拶。

すでに会ったことがあって、気さくでフランクな方達と知ってはいるけどやはり緊張するのである。

弟がとにかく私に気を遣ってくれて、ありがたかったなあ。

弟よ、今回もどうか助けてくれ。

無事に終わりますように。