その後のはなし

さて、最近急にいろんなことが一度に動き出して、なんだか頭も感情もついてきていないような感じがしないでもないです。

でもでも、しっかりしなくては。

f:id:abomi:20190706175908j:plain

土曜日に彼の家族と食事に行ってきました(久しぶりにヒールを履いたら見事に靴擦れした)。

この時期が彼のご両親の結婚記念日なんですよねー。

息子2人が毎年店探しをしてプレゼント用意して祝ってくれるんですって。素敵ですな。

その代わり(?)に、誕生日とかその他の記念日は特にお祝いはしないらしい。

だからこそ、年に1度の結婚記念日の特別感が増すのかもしれないね。


ブログでもいろいろ書いていたとおり、最近彼と上手く意思疎通ができてないのかな~と思うことが積み重なっていたんだけど、その日は少し心を入れ替えて、様子見するよりもきちんと相手に伝わるように自分の思っていることや気持ちを言おうと(メソメソしたりけんか腰にならないように)心がけました。

なので、食事前に少し早めに彼と待ち合わせして軽くお茶をした時に、私は今日はどんなスタンスで食事会に参加すればよいのかな?と改めて彼に聞きました。

と言うのも、先週うちの両親と会った時、彼がきちんと入籍の意思があることを伝えてくれなかったことが結構ショック!だったから。

もし今日も同じようにただ食事をするだけでご両親にそういうことを伝えてくれる気がないのなら、食事会に参加する私の心構えも変わってくるしね。


そういう話をしたら、彼は先週きちんと言えなかったことに関しては、それは本当にそうだよねごめんと言っておりました(まったくな)。

それと同時に、私も彼の家族との食事会に挑むにあたってその時ものすごく緊張していたので、ああ・・彼も先週こんな気持ちだったんだなあと、男性が彼女の家に行くんだからきっと私以上に緊張したんだろうなあと思った。

情けない人だなと思ったりもしたけど、その時は特に怒りも失望も感じず、まあいっかと思えました(しかし書いてたらまたムカついてきたし、この話はきっと今後も次世代まで語り継ぐだろう・・笑)。


私が「緊張するよ~~」と言っていたら、彼も自分の家の番になってわかったけど「こっち側だと全然緊張しないな(笑」と言ってましたね。

その言葉のとおり、食事会が始まってすぐに彼から「先に言っておくけど近いうち引っ越しして同じくらいの時期に結婚もするつもりなんでよろしく」とサラッとご両親に報告しててなんだこの差は!!!と驚愕・・・(笑)

ご両親は、普通に喜んでくださいました。

私は彼のご家族の、仰々しくないしフランクなんだけどちゃんと家族を大事にしてる感じが心地よくて好きなんですが、1年ぶりにお会いしても受ける印象は変わらなかったので良かったな。


彼のお母さんは、彼に対して「同い年でしょ?(今年29歳)早くしてあげなきゃかわいそうだよ!」と言っていて、あ~やっぱり女性の方がそういうことも考えているよなあと思いました。

一方男性陣は、そんなこと考えてないんだろうな~という反応・・。

彼が席を外した時にも「(彼は)のんびりしてるから、おしり叩いてどんどん進めてね!」「そちらのご両親と私たちが会う機会も作ってね!」と言ってくれました。

うん、やっぱり女の方がしっかりしてる。


もしかしたら彼氏のお母さんからそんなダイレクトに言われたら嫌だと感じる人もいるのかもしれないけど、全然嫌味っぽくなく、ご本人もおっしゃる通り体育会系な感じのお母さんなので、私もすんなり「はい!!!」って言えました。

表面的には優しそうに見えるけどねちねち嫌味言ってくる女女した女性とかじゃなくてよかった・・・。

いや、まだわからんけどね。


猫が亡くなったのが食事会の前日だったから私はなんとなくぼんやりしていて、猫のこと考えたり向こうの家族のこと考えたり、今後の予定のこととかも考えたり、頭の中が落ち着かないまま挑んだ挨拶になってしまったけど、ひとまず無事に済んでよかった。

私が生きてる時の猫に会ったのが、彼が家に来た先週が最後になってしまったなあと思っていたんだけど、最後に彼と一緒に猫を見られたのでむしろよかったのかもしれない。

きっとずっと忘れないでいられる。



ところでローソンカフェのカップがこの夏は可愛いぞ!
f:id:abomi:20190706175933j:plain