それでも幸せになってほしい

おめでたい話に水を差すような感じになってしまったので、苦手な方はブラウザバック願います。。




先日、友人の結婚式に行って参りました!

子供の頃からの友達のきれいな花嫁姿を拝めて感無量。

老舗の高級ホテルだったので食事もものすごく美味ッ。

二次会までずっと同じホテルでの開催だったのだけど、やっぱり結婚式って体力勝負だな~~と思いました(ホスト側がね)。

参加する方はほぼ一日中いる割にはあっという間に時間が過ぎてしまうので。


実は今回の結婚式、お誘いがあった時点からちょっと不安なことがいくつかありまして、当日まで楽しみ半分ずっとソワソワしていたんだけど何事もなく穏やかに済んでよかった・・・。

以前の記事でも書いたけど、地元からは最初に誘われていた友人2名が参列できず、代わりに別の2名と私という3名で参列したのですが、これがなかなか不思議なメンツだったので少し心配していたのでした。

結果的には代打のうちの一人だった私の彼であるK氏が頑張って話題提供してくれたおかげもあり、3人で楽しくお祝いすることができたのでホッ。


あともう一つ、私は新婦友人として参列したんだけど、お相手の新郎のことがものすごく苦手で・・・というか嫌いで(苦笑)

おめでたい席で言うことじゃないからずっと黙ってたけど、またあの人の顔見なきゃならないのかーと思って結婚式が終了するまで結構気が重かったんです。


私が新郎のことが苦手な訳はいくつかあるんだけど、過去に一度だけ顔を合わせた時に、ものすごい自己愛の塊って感じな人だな~と思ったのが一番の理由だと思う。

新郎はお育ちが良く実家が金持ちであること、高学歴であること、高収入の仕事に就いていること等にとても自信があるようで、交友関係も自分に似たタイプの派手な人で固めたがり、自分以下と判断した男性には容赦なくマウントを取る印象(付き合う女性も、自分のステータスを満たす人を選んでいる感じ)。

共通の友人曰く、周囲に敵を作りやすく、似たようなタイプの人ばかりが友人として残るようです。

そこで、結婚式で新郎ゲストはどんな人たちなのか気になってちょっと観察してみた結果、確かにそうだな~と頷かざるを得ませんでした(笑)

ザ・パリピって感じ。しかもハイソなパリピね。

こういう人たちが好きな人は好きなんだろうな~~興味がなさすぎる・・・。


新郎にまつわる嫌いなエピソードとして、共通の友人であるB(♀)が結婚する時、夫になる男性を紹介した際に新郎が吐いた暴言があります。

Bと旦那さんは、当時二人で話し合って結婚式はしない方向で話を進めていたそうなのですが、そこに新郎が口を出して「結婚式をやりたくない女の子なんているわけがない。金がないのか?だったら俺が出してやろうか?」と旦那さん相手に急に食って掛かったそうなのです(ちなみに二人は初対面・・・)。

酔っていたこともあり、感情的になった旦那さんは新郎に殴りかかるような勢いだったそうなのですが、Bが間に入って大事に至らずに済みました。

Bは「新郎はお酒が入って気が大きくなっていたんだと思う」と言っていたけど、私は本気でドン引きしたし、旦那さんを侮辱されたも同じなのに何故Bha
もっと新郎に対して怒らないのかと不思議でした。


そんな話も聞いていたのでもともと新郎のような人は苦手だなあと思っていたんだけど、後にBが主催していた女子会に呼んでもいない新郎が急遽参入してくるということがあって、ますます嫌いになりました(笑)←だが、新婦と新郎はここで出会ったのだ!

未だに意味不明なんですけど、彼は突然女子会に乱入してきて何故かずっっっとお金の話(??)をしていたんです。

自分が普段からいかに華やかな生活をしているか・・・(女性関係や下世話な内容も含む)を、友達の友達とは言え初対面の女性陣を相手に一方的に話していたので、私はそれにすごく引いてしまって。

何せ私たちとは住む世界が全然違う話だったので、この人は相手を見て話題を選ぶことができないんだなと思いました。

私としては、どんなに優秀な人でもそういうところが欠けていたら人間関係に結構苦労するんじゃないかと思うけど、きっと彼にとっては財力が自分の最大のアピールポイントだったからそういう話をしまくったんだろうなと。

それはそれで悲しい人だなと思ってしまう。

男性に財力を求めていたり、裕福な暮らしに憧れていたりする女性が相手だと、ああいう話も有効なのかな。わからないけど。


そんなこんなで、新婦から新郎と付き合うことになったと報告があった時、「よりにもよってあの男か・・」と咄嗟に思っちゃったのですが、結婚するからには新婦には幸せになってほしい。

思うに、新婦は男性関係で苦労を重ねたところがあり、「次に付き合う人はお金持ちがいい」と言っていたので、それも含めて彼女には新郎が魅力的に見えたのかもしれない。

話を聞いていると、新郎は情緒不安定なところもあるしモラハラっぽい一面も持ち合わせているみたいなので心配だなと思ってしまうんだけど、まあそこは余計なお世話なのでここに書くに留めてグッと飲み込みます。


と言うわけで、実害はほとんど受けていないにせよ(女子会の時に長時間拘束されたくらい)、新郎のことが嫌いだった私。

彼も別に私になんか興味ないと思うのですが、何故か最近私とK氏と飲みたがっていると新婦から聞いてめちゃくちゃゲンナリしてます。

妻や彼女の友達と飲みたがる男って何なんですかね。時々いるよね、ほんと嫌。


私が思うに、新郎は自分たち夫婦と私たちカップルを比べて自分らの方が優れていることを確認して悦に浸りたいか、K氏を自分の華々しい交遊録に加えたいかのいずれか、もしくは両方なのだろうなと踏んでいます。

と言うのも、K氏の仕事が結構頑張らないと就けないような仕事なので、新郎からしたら「俺の友達に○○で働いてる奴がいる」と言いたいのかなと。

まあ全部私の想像なんですが!(笑)

でももしもそういう理由であったなら、そんなことに彼が利用されるのは我慢ならない。

だから、彼にはちょろっとだけ、私はあの新郎が苦手である・・・ということは伝えてあります。

あんまり苦手だと言うので、彼は新郎がどんな人か見るのが楽しみだったみたいですけど(それも嫌)。

まあ飲みに行くとしても、私は行かないな。一人で行ってもらおう・・・。


そんなこんなで、とりあえずすこーし気が重かったイベントが立て続けに終了してほっとしました。

今後もいろいろやらなきゃならないことが目白押しだし、話し合わなきゃならないこともあるので心休まらないけど・・・ぼちぼち頑張ります。

では。


f:id:abomi:20190718223155j:plain