“押し付け合い”は伝染する気がする

学校でも職場でもそうですが、なんとなーく狡い人っていませんか。

嫌なことは上手に避けて代わりの誰かにやってもらって、自分はするっと抜け道を通るのが得意な人。

そういう人が近くにいると、なんだかもや~~んとしてしまうものです。


同じ職場でも、時間が経つと一緒に仕事するメンバーは徐々に入れ替わっていき、職場の雰囲気は日々変化していきます。

今の職場の雰囲気がそういうものになってしまっているのかもわかりませんが、時々チームの中で“押し付け合い”の空気を感じてしまって、辟易します。

私は、嫌なことであっても自分がその場にいたタイミングでそういう仕事が回ってきてしまったら仕方ないから構わずぶつかっていきますが、今同じチームにいる人たちの多くが“誰か別の人がやるだろう”精神でのらりくらりと逃げ果せようとしているように見えるのです。

特に、最初からその空気の中に入ってきてしまった新人さん2名にそういう傾向が顕著な気がして、え~なんで~?と思ってしまう。

新人のうちは嫌な目に遭うことも多いだろうけど、周りに何でも聞けるうちにどんどん仕事に挑戦して覚えていって慣れていくものだと思うのに・・・彼等は新しい仕事をやるのを嫌がるのです。

そもそも、“嫌がることを憚らない”態度がどうかと思う。

仕事は仕事。無理難題をふっかけられているわけではないのなら、割り切ってやるべきことはやろうよ。

チームでやっているのなら尚更のことだと思うのだけど・・・何故良い大人がそういう狡いことができるのかなあと甚だ疑問です。



新人さんのうち1人は、以前も書いたことのある新卒くんです。

abomi344.hatenablog.com

彼はもう25歳なのだけど全く社会慣れしていなくて、最近つくづく感じるのですがとてもメンタルが弱いです。

メンタルに影響されて体調も崩しがちなので、まだ年度末まで数カ月あるのにもう年休を使い切ってしまいそうなのだとか。


そのことを上司との面談で指摘されると、彼は「仕事がつらい」と零したそうです。

具体的に何が辛いかと言うと、特定の問題行動をする客の対応がしんどいのだそうです。


そのお客さんはおそらく知的障害がある方で、女性なのですが、かと言って暴力を奮ってくるわけではないし、感情的にならずゆっくり話しかければ何とかギリギリ意思疎通が出来るレベルの方です。

だから、何も怖いことはないと思うのですが、その人が今日も来るかもしれないと思うだけで夜も寝付きが悪くなり、食事も進まなくなってしまったのだとか。


自分が新卒の時ってどうだったかなー(20歳だった)そこまでメンタル弱かったかな―と思うのですが・・・今は何が普通なのかもうわかりません。

私も、なかなか聞き取れないし受け答えが上手く出来ないから外部からの電話を取るのが苦手だったし、難しいお客さんの対応も苦手でした。

でも、苦手なままずっといるのはやはり自分自身がつらくなってくるから、なんとか改善しようと定型の文言をメモに沢山書いて横に置いておいてみたり、マナー本をいくつも読んでみたりなど(上手く出来なくても、少なくとも自分が間違ったことをしないようにと心がけてました)、ちょっとしたことではあるけど色々努力をしました。

彼がそういうことをしているのかどうかわからないけれど、プライドは高そうなので、それなら増して自分が上手く出来ない状況が嫌だと思うから何か自分なりの対処をすれば良いと思うのです。

そうすれば、最初は苦し紛れの対処だったとしても、徐々に慣れていって、それが本物の自分になると思うんですよね。

もし彼がそういうことを一切しないで、「自分には出来ません」「得意ではないので」「つらいです」とか言ってるんだったとしたら、それはやっぱり甘えだと感じます。

接遇研修とか一切受けさせてもらってないのも問題なのかもしれないけど・・。



そしてもう1人の新人さんはアラフォー?くらいの女性なのですが、今までいろんな職を転々としてきたみたいなんだけど一度も責任ある立場になったことがないのか、嫌なことが起こりそう・やらされそうという空気を察知するとたちまち上手に逃げてしまいます。

それがなんとも言えず功名で、人から非難されないギリギリのレベルの狡さなんですよね・・・(笑)

だから気付きにくいけど、やっぱり近くにいるともやもやします。


私が彼女の発言でビックリしたのは、新しい仕事を教えている側から「私がやってもわからないんで」と笑って、以後あまりその仕事に進んで着手しようとしなくなってしまったところです。

ほんの雑用なので出来ないわけではないはずなのに、やろうとしません。驚きです。

そして、やはり新卒くんと同様“わからないことはしたくない”みたいで、それなのにプライドは高いので厄介です。

さすがに直近の先輩に当たる私には強い態度には出ませんが、それでも私が何か尋ねられたことに答えようとすると、必ず「そうですよね(私はわかっていました)」という受け答えをするので、わからない・出来ない自分を悟られたくないのだと思います。

新人のうちはわからなくても当然なんだから認めればいいのに。


更に、この前目の当たりにして驚いたのは、他の部署の人と話をしていて、彼女が仕事上“やってはいけないこと”を口にしたので、他部署の方が「あ~でもそれできないんですよね(やっちゃいけないんですよね)(気持ちはわかるけど)」というニュアンスのことを口にすると、ほとんど被せるような勢いで「いや、できないんですけど!(知ってますが?)」と強く言い返したんです。

ちなみにその他部署の方、異動しただけで元々は私たちと同じ仕事をしていた先輩です。

自分の管轄の仕事に口を出されたと感じたのかもしれませんが、あんまりな態度だな・・と思いました。

それほどの責任感があるのなら嫌な仕事でもきちんとやってほしいのに、そう言う場面では逃げ腰なので小狡い人だなと思います。



ちなみになんで急にこんな話をし始めたかと言うと、先週、ほぼクレーマーのお客の対応を新人さん2人が揃って私に押しつけてきたからなのですが。

私だって訳のわからんおっさんクレーマーに急に怒鳴られたりなじられたりするのに傷つかないわけじゃないんですよ(笑)

でも、この2人がしれっと「後はよろしく」みたいな感じで状況説明もなく消えたので、えーーーっ!!と思ったのです。

後々考えてみて、ああ2人とも分かっててあの時私に押しつけたんだなあと思い当たりました。

まずは自分で対応して、それでもダメだったら事情を話して助けを求めるなりするのが正しい順序でしょうが。

新卒くんはまだしも、アラフォーの方までそういうことをするので少々呆れます。


新卒くんは私に引き継ぐ余裕すらなかったみたいで、そのおっさんクレーマーが聞きたいことがあって目の前に立っているのに気付かないふりをしてたくらいでした(私が代わりに声をかけて、質問を受け付けました)。

彼が別人と間違われて名札を見せろと迫られていたのも、私がフォローしました。

先ほど対応した者とは違いますが、と私が言うと、テンパって仕方ない新卒くんは同調して「僕じゃありません」と繰り返し、名札を隠してしまいました(接客的にアウトだろ)。

おっさんクレーマーは間違いに気付いたようでしたが、それでも構わず名札を見せろと言うので(どうやら所属部署を見たかったみたい)、頑なに見せようとしない新卒くんに「大丈夫だから見せて」と私が促しました。


障害故に上手く意思疎通ができないお客さんとのコミュニケーションも嫌がる彼なので、かなりの傷心だったと思います。

後で、「あのおじさんは私たちの所属を知りたかっただけで、あなたの名前を特定したかったわけではないみたいだよ(実際、私はおっさんのメモを見る機会があり、そこに新卒くんの名前は書かれていませんでした)」と伝えると、フォローしたことへのお礼を言われました。

「これ(名札)つけて仕事をしている以上、見せろと言われたからと言って隠すのは接客上まずいことだよ。こちらは何もやましいことはしていないんだから、堂々としてれば大丈夫。もし改めて名指しでクレームを受けたとしても、こういうことがあったと事前に上司に報告しておけば良いんだから」と言っておきました。

本音としては、こういうことって改めて言わないとわからないものかなあ25歳にもなって、と思いましたが・・。


腹立つのが、アラフォーさんがその後で「ああいう人は往々にしていますよね」「よくあること」みたいな発言をしていたこと(笑)

いやいや、あなた、それをわかっていながら上手に逃げたんじゃないですか。

こんなこと言うのは何だけど、あなたより若くて社会的には未熟な私に押しつけて。

プライド持つなら、そういうところで年上としてのプライドを発揮して欲しいです。


だからどうってことではないけれど、私としても今回のことは“嫌なこと”だったので、ここに吐き出してみました。

まあ、もっと酷く怒鳴られたりなじられたりした経験もあるし、暴力を示唆されたこともあるので、それに比べたらかなりマシなのですが。

接客を含む仕事なら、こういうこともある、ということは胸に留めておかなきゃやってらんないよなーと思う所存です。