安易な自己責任論なんか大っ嫌いだ

※言葉尻が汚い部分があります。ご注意ください。


いつからこんなに世の中でなんでも「自己責任」と謳われるようになったのかなあと疑問に思う最近です。

いつから? 前からこんなんだったっけ?

特に目にとまるようになったのは、ジャーナリストの後藤健二さんがISILに殺害された時からか、電通の女性社員が過労自殺した時からか、同じくジャーナリストの伊藤詩織さんの性被害起訴がニュースになった時くらいからだったような気がする。



3者とも立ち位置はそれぞれだったけれど、そもそも皆、れっきとした被害者ですよね。

まず、彼等に何らかの危害を加える存在があったという大前提はいずこへ。

それを避けられなかった、そこから逃げられなかった、甘んじてそこに留まった。

回避する余地があった以上、「被害を受けたお前が悪い」と世間の一部が糺弾している。



世の中には要領よく生きられる人とそうでない人がいる。

お上手な人は、損をする前に誰にも咎められないボーダーラインを上手に見極めて、サッと身を引くことが出来る。

要領が良いことは悪ではない。むしろ必要なことでもある。

でも、それがある種の「調子の良さ」を孕んでいる場合、あなたの行為を必ず誰かが見ている、わざわざ指摘しないだけで。


逆に、なんでそこまで行っちゃうの、辞めときなよ、この辺で手を引くべきだよ、今辞めたからといって誰もあなたを責めたりなんかしないよ、というラインを超えて突き進んで、何度も繰り返し痛い目に遭う人もいる。

こういう人は一定数いると思うけど、ただ「愚かだ」という一言で切り捨てて良いものだろうか。


さらに、何らかの責任を持って、使命を背負って、野望を持って、その他のやむを得ない事情があってそこから決して退かなかった人もいて、結果として被害に遭う。

そういうそれぞれの背景を、「自己責任だ」と責める人たちはきちんと知ろうとしただろうか。


ここまで挙げた何にも当てはまらず、事前に周囲からの忠告・助言があったのにも関わらず、それらを振り切って身を投じた結果として痛い目に遭うのなら、それは自己責任と言えるのかもしれない。

でも、それらの言葉を噛み砕いて自分のものとするだけの能力がなかったことについては、果たしてその人だけの責任だろうか。

どう足掻いても理解力が低い人はいる。



いろんな人がいて、いろんな事情があって、性格も性別も年齢もそれぞれで、受け止め方の1つ1つも丸っきり違っていて、ただ「多くの人と違った」というだけで無慈悲に叩かれ、ぼろぼろになった心と体を引きずりながら、それでも自分の行動のすべては自分で尻ぬぐいしろと言われる。

他人様に迷惑をかけるな、と言われる。


傷ついた人を「自己責任だ」と責める人は、何故、自分が当事者になることに思慮が及ばないのですか。

自分が傷ついた時、誰にも助けを求めずに、社会的・法的に認められた救いの手にも縋らずに、生きていけるんですか。

それとも、何にも頼らずに、自力で立ち直りますか、それが無理なら死にますか。

何故そこまで無慈悲になれるんですか。

どこに想像力を置いてきたんですか。



結局、一旦弱い立場に立たされてしまった人を更に追い打ちかけるように寄って集って叩きたがる人は、自分の方が大変だ、苦労してる、辛い思いをしている、って叫びたいだけなんだと思う。

それが如何に無意味なことか、ということにも考えが及ばないくらいその人も辛いのかもしれない。

そう考えたら、そういう人たちも同情に値するのかもしれないけど、叩きあったらたちまち潰れてしまうような状況で、貶め合うのは辞めるべきだとやはり思う。



何故こんなことを書いているかと言うと、以下の記事を読んだからであって。

misoyorishioha.hatenablog.com

書いたのはものすごくタフなシングルマザーの女性。

この方のタフさは、今までご本人が積み重ねてきた人生の中で培われたものだと思う。

あまりに強すぎて、そこまで頑張らなくてもいいのに、と思いさえする。


この方は、現代の社会問題の1つである「シングルマザーの貧困」の当事者であって(食うか食わずかというレベルの貧困ではないけれど、一生懸命稼げば稼ぐほど補助金が削られて逆に生活が苦しくなっていく。自分の体だけが資本で、それなのに体調も崩してしまっているみたい。考えてみると、こちらの方が余程深刻だと思える。)、自分は自分の立場で経験したことをもとに考えたことのみを書いている、と丁寧に前置きもしているのに、別の立場の人が「こっちだって大変だ」とか「こっちの方が辛い」とか、挙げ句逆の立場の人間から「(税金を)搾取するな」とか言われたりしてる。


人によっては、離婚は自己責任なんだから子供と一緒に心中しろとまで言う人がいるみたい。

あり得ない。なんだこれ、と思いました。

匿名だからそんな非人道的なことが言えるのか?

表出て公の場で同じこと言ってみろ。



過労自殺に追い込まれると「逃げなかったお前が悪い」と言われ、同業の先輩(♂)と食事に行って泥酔させられレイプされたら「警戒しなかったお前が悪い」と言われ、戦場の現状を報道するために戦地に入って囚われの身になり殺されても「危険なのはわかっていたはず」「自己責任だ」と言われる。

自分を救うために逃げなかった・逃げられなかった人たちは糺弾されていて、しかし、自分を救うために離婚というかたちで逃げた人も結局は大いに責められるている現状。


何故? 

そういう状況に追い込まれること事態が自己責任ということでしょうか。

それなら、もし今日本が外国と戦争を始めたとして、空襲で死んでも、地上戦になって敵兵に凌辱の限りを尽くされても、原子爆弾で吹き飛ばされても、日本に生まれたがための「自己責任」ということにならないでしょうか。

それくらい、乱暴で突拍子もない論調だと思うのだけど、違うかな。


置かれた環境から逃げようがない・逃げられない状況なんて、誰にでも無差別にいくらでも発生しうることだと思うけど。


自分自身のことをしっかりと省みて、人からもジャッジしてもらって、それでも尚この記事を書いた方を大声で責められる人ってどれほどいるんでしょう。

もし、いたとしたら、自己を過信したとんでもなく傲慢な人なんだろうなと思う。



・・・と、なんかああだこうだ書いてしまいました。

この方の身には色々なことが起きていて、その経験を書いていらっしゃるので、いろんな意見が集まるのだろうけど、ただ1つご本人に届けば良いなと思うのは、お母さんが大好きな子にとっては、お母さんの幸せは自分の幸せだということ。

どうか、ご自分のことも大切に、大切にしてほしい。

そしてお子さんが大きくなった時、きっとお子さんはあなたのことを沢山甘やかしてくれると思うから、それを今まで頑張ってきた報いだと思ってすべて受け取ってほしい。

その時まで、どうか御元気でいてほしいです。

がむしゃらに働かなければ子に何も遺せないとお考えだから、今ものすごく頑張ってしまうのだろうけど、今はまだわからないかもしれないけれど将来子供がそうして自分のために滅私し尽くして母が壊れていったと知ったら、少なからず哀しむと思うのです(もちろん、大いに感謝もされると思います)。

だから、この方に、自分自身も大切に出来る道が見つかるように祈ります。



文章が長いとか、まとまりがないとか、色々書かれているようですが、私は長かろうがなんだろうが、こんなにじっくり読んだ記事は本当に久しぶりでした。

心から伝えたいことがある人の文章は、どんなかたちであっても多くの人に届くのだと思います。



最後に書きたいので書きますが、本筋とは関係ないのだけど、私、この方の義祖父母への愛情深さが心にとても染みました。

お年寄りは子供に戻っていくというけど、子供とお年寄りに心を尽くせるこの方は、徹底的に弱く小さい者の味方なんだろうなあ。

そういう人は、絶対に将来報われる時がくると思う。