そういえば雛祭り&ドレス選び行ってきました

最近面白かったこと。


先々週くらい放送のアメトーークで、特集していた「ザ・ノンフィクシ○ン芸人」。

本家は全く見たことなかったのですが(そもそも日曜午後2時にTVつけてないかもなあ)、これを機会に先日初めて視聴しました。

アメトーークでも言っていましたが、竹原ピストルの「サンサーラ」が強すぎて話が入ってこない(笑)

その流れで夫がよなよな洗濯物を干しながら「サンサーラ」を聴いていて、もう就寝モードだった私は笑ってしまいました。

寝よう・・・と思っている時に、こぶしのきいた「生きて~♪」が聞こえてきたら、なんか違うと思うでしょうが。


あと、正月頃に「進撃の巨人」のアニメを通しで見たのですが、初見の夫がハマったようで、アニメ版以降のストーリーが気になりすぎてとうとう弟に漫画を貰い、今後続きも自己購入するつもりのようです。

先日、そんな夫が突然裸で脱衣所から出てきて走って部屋に入ってまた戻って行くということがありました。

「さっき、肌色の何かが視界の端を駆け抜けていったな~」と言ったら、自分で自分のことを「奇行種(巨人)」だと言っていました。※読んだことある人しかわからない。

人間には関心を持たず、ただ柔軟剤を獲って戻るだけの奇行種だそうです。

本当は、お風呂に入る前に洗濯機を回そうと思ったものの柔軟剤(部屋にストックがある)が無かったのだそうです。

今度は走り方も巨人を意識して欲しいと伝えました。





さて、本題です。

実母がわりと季節感や年中行事を大事にするタイプで、正月はお節(お雑煮は父担当)、三が日が過ぎたら七草粥、雛祭りは桃の花にちらし寿司、桜餅、こどもの日は柏餅、十五夜はススキにお団子と果物、等々、実家にいた頃に色々作ったり買ってきたりしてくれていました。

そういうのが嬉しかったので、自分の家庭を持った後も簡単にでも良いから続けようと思っていたのですが、結局ここまでお節も七草粥恵方巻きもスルーしていました。

そこで、雛祭りは奮起してやさしいちらし寿司を作成。

f:id:abomi:20200302124145j:plain

色合いが春。

いくらとかサーモンとか乗せた方が豪華なんですけど、他にふるさと納税のお肉でしゃぶしゃぶをしたので、小っちゃい海老だけにしました。

味はまあまあ、母が作ったものの方が美味しかった・・・。

3合全部酢飯にしてしまったので、残りはせっせとおにぎりにしました。



最近、コロナウイルスの影響で世間全体が自粛モードですね。

近辺に感染した人がいないので現時点でどのくらいの広がりなのかわからないのですが、今週中には検査が時短になって保険も適用するようになるということなので、きっと罹患者は増えるのだろうと思います。

私の職場も3月半ばまで一部完全に機能停止(仕事はありますが)し、夫も時間差出勤となりました。


でも個人的に最も死活問題なのはトイレットペーパー。

生産を中国に頼っているというデマが流れたから品薄になってしまったものの実際には在庫があるそうなのですぐに店頭に戻ってくるだろうとは思いますが・・・。

あと、普通のティッシュやウェットティッシュ(アルコール入りもノンアルも)、生理用品なんかも品薄のようで。

ウェットティッシュは自分にとって必需品の1つだったので店に行っても買えなかったのは少しショック。

生理用品だって、無いと絶対困るものの1つですよね。

タンポン使い慣れてない人は沢山いるだろうし、ティッシュとかでは代用ができないので余計に。


こういう時のためにも、普段からある程度の備蓄はしておくべきだなあとしみじみ思いました。

何の災害対策もしていないのは、今更ながらヤバい気がするのである・・・。

いい加減奮起して、きちんと備えをしておかないとな。



また話が変わりまして、カトリック教会も3月中旬までは全国的にミサを中止とし、集会・講座も延期または中止するようにと呼びかけています。

日曜のミサは義務とされているので、教会がこれを中止するのはよっぽどのことだと思います。

でもそうもなるよなあ。

今、6月挙式に向けて夫と一緒に教会で結婚講座というものを受けているのですが、担当してくださっている指導司祭に確認してみたら「また様子を見て(講座を)再開しましょう」と返事がありました。

3人だけの講座なので中止するほどでもないだろうか・・・でも司祭が御年94歳なので私たちが何か菌を持ち込んでコロナに限らず風邪でも引かせてしまったら致命傷になるんじゃないか・・・とか色々考えてしまっていたので、指示を仰いで良かったです。

私の心配を察してくれたのか、すぱっと「急ぐ必要はありません」と言ってくださったので少し安心しました。


そういうわけで講座は自粛したのですが、衣装選びは結構時間が迫っていたので決行しました。

普通は何件も候補の店舗を見てまわって色々試着して決めるのでしょうが、私はそこまでの気力はとても持てなさそうだったのでネットで調べて絞り込んだ一店舗のみ伺い、5~6着ほど試着してみて、その中から決定しました。

自分で言うのもなんですがすごく良いお店を選んだなという気がしていて、マンションの一室でこじんまり営業しているドレス専門店なのでお値段も大手の店舗に比べるとずっとリーズナブルで、しかしプロの店員さん2名が厳選したドレス(インポートと手作りがあります)を置いており、レースとか刺繍とかがとても繊細でどれも本当に本当に素敵。

雰囲気も非常に良く、何もわかってない私に親切に色々教えてくださいました。

全てがこだわりの一品という感じがして、あまりドレスに興味がなかったのですが、見に行ったらすごく楽しくてワクワク。

沢山ありすぎても迷ってしまうし、私にはちょうどよかったです。


そこそこ悩んだ結果、インド刺繍があしらわれたインポートドレスに決めました。

店員さん2人と夫の反応が一番良かったのもインド刺繍のドレスでした。

正面もなんですけど背中の刺繍がとんでもなく可愛くて。

ネックだったのはベールを被った時に背中の刺繍が見えなくなってしまうんじゃないかということでしたが、2回目に伺った時実際にベールを被らせてもらい、問題ないことがわかったので心置きなく決定できました。

追々小物合わせとかブーケ制作の話し合い(?)もしに行く予定です。

ちなみに最初の本命はレース袖付きの別のドレスだったんですけど、変わった柄のレースだったからなのか、後で夫からは「袖が蜘蛛の巣みたいだと思った」と言われショックだった・・(笑)


あと、何よりこのお店にして良かったなあと思ったのは、オーダースーツとのセットプランがあることです。

大手の店舗だとドレス借りただけで30~40万とかする場合がありますが、スーツ込みで良心的な価格だったし、どうせお金を払うなら何か手元に残る方が絶対良いだろうと思いまして。

プランのことを話したら、夫もすごく乗り気でオーダーメイドなんて初めてだと言って喜んでいました。

普段使いもできる感じのを作りたいそうです。

スーツづくりは提携している別店舗で行っているので、来週行って来ます。


準備やる気でないわあ・・と思っていたんですけど、まあ贅沢な悩みですし、あまり「普通はこうだ」ということに囚われず自分達の負担にならない範囲で好きなようにやればいいやという気持ちです。

のんびりやろう(あと痩せよう)。


新婚旅行先も固まりつつあります。

北海道で美味しいもの巡りします。

絶対サッポロビール記念館には行きます。

今仕事暇だし、こちらもぼちぼちリサーチを始めようかなあ。







最後に、インド刺繍の背中を見てほしいので載せておきます。

これに惚れ込んだんだなあ。

f:id:abomi:20200302141416j:plain