【13の理由】少女は何故死ぬことにしたのか(season1)

www.netflix.com

ネットフリックス配信の「13の理由」という海外ドラマのシーズン1を視聴しました。

同時期に複数の知人から「面白いよ!」と薦められたので見てみることにしたのですが、先に感想を言ってしまうと、良い意味で非常に現代的で見応えがあるドラマですが、単純に面白いと言い切れない部分がありました。

テーマが重くて、見ていて辛くなってくるシーンがたくさんあったからです。

しかし、いろんな社会問題が浮き彫りになっているので一度は見て損のない作品だと思います。

気になる方はぜひ!

※以下ネタバレあり※




このドラマには、「苛めや性暴力等の表現があるため、充分注意して鑑賞してください」「類似した経験がある人はフラッシュバックの恐れがあります」という前置きがあります。

アメリカっぽいなと思ったのは、さらに「それでも見る場合は、なるべく信用ができる人と一緒に見るようにしてください」と注意喚起しているところ。

最初はこの前置きをあまり重く受け止めていなかったのだけど、実際に見ていくと、大分辛いシーンが多くて、私も一人で見なくて良かった・・・と思いました。


カセットテープについて

物語は、主人公・クレイの手元に自殺したハンナ・ベイカーというクラスメイトが生前録音したカセットテープが届くところから始まります。

内容を聞いてみると、ハンナはそのテープに13個の自殺の理由を吹き込んでおり「その理由のうちの1つは今テープを手にしているあなただ」と言うのです。

激しく動揺しながらもテープを聞き進めていくと、カセットテープには13人の登場人物がいて、それぞれがハンナを傷つけ、彼女を死に追いやる原因を作ったのだということが分ってきます。

さらに彼女は、自分が死ぬ理由を作った人たちにテープを最後まで聞かせるために、このテープを聞いて次の人に渡さなければダビングした複製を渡してある何者かがテープの内容を世間に公開する、と、まるで脅しのような発言をするのでした。


ハンナが受けたいじめ

ハンナは、引っ越してきたばかりで友人づくりに難航していました。

それでも最初のうちは、年頃の女の子らしく新しい恋に期待したり、やがて友達と楽しく過ごす時間が持てるようになると考えていたと思います。

歯車が狂い始めたのは、引っ越してきて初めて心惹かれた男の子・ジャスティンとデートをしてキスをした時に、スカートの中身の写真を撮られ、その写真を学校で拡散されてしまったのがきっかけでした。

ジャスティンはテープの最初の登場人物で、今時の軽薄な若者であり、彼自身は決して悪人ではないのです。

ただ、軽い気持ちで見せた写真が友達の手によって拡散されてしまっただけであり、自分には責任が無いと思っています。

しかしこの出来事によって、ハンナとジャスティンが夜の公園で性交したという嘘の噂が流れ(学生の間でよくあるやつですね・・・)、ハンナは周囲の学生達から「すぐヤれる尻軽女」というレッテルを貼られてしまうことになりました。


ごく普通の年頃の女の子にとっては残酷なことです。

彼女にとってはジャスティンが初めてのキスの相手だったのに、その思い出すら穢されてしまいました。


その後も、ハンナは初めて出来た女友達に誤解されて友情を失ったり、仲良くなれると思ったクラスメイトにも裏切られたり、また根も葉もない噂を流されたり、それに触発された男子生徒たちの言動に傷つけられたり、さらには盗撮、痴漢、レイプ等の性犯罪にも遭いました。

盛りだくさんすぎて、あまりにも・・・と思うのですが、実はひとつひとつの出来事は「大事件」というわけではなかったり(だから彼女を傷つけた人たちもバツが悪いというくらいで自分が罪を犯したとは思っていないのです)、誰かの手によって隠蔽されたりして見過ごされていきます。

ハンナはその都度傷を深めていき、最後に学校で人気者の地位にいる男の先輩からレイプされたことでとどめを刺され、自殺の決意が決まったようでした。


私は、ハンナが受けていたいじめは、性的な侮辱だと思いました。

性体験もない(あってもダメだけど)女の子の体を見て、「胸がデカい」とか「いいケツ」だとか、本人の耳に届くように噂したりすることが、その子にとってどれだけ強い嫌悪感を起こさせるものかどうか、軽い気持ちでからかう男の子達には理解できないんだろうか。

見ていて本当に胸糞が悪くなりました。

ハンナは、人前では毅然としていて、時には面と向かって男子に怒ったりもするのですが、陰では怯えて泣いているのです。

男の子だけでなく、周囲の女の子もその様子を笑って眺めているだけなので、愕然とします。

何故ハンナの気持ちがわからないんだろう?


彼女を傷つけた人たち、特にテープのリストに載っていた人たちは、自分の傷には人一倍敏感なのに、他人(ハンナ)の傷にはあまりに無頓着で、無神経な言動を繰り返してきました。

その悪気の無さが、私は腹立たしかったし、恐ろしかったです。

何故なら、こういう人たちはリアルの世界でも沢山いるからです。


まだ、私としては、いじめの内容が性的な侮辱であったことで余計に許せない、という気持ちです。

こういうのって軽視されがちなんですよね。

お尻を触られた。だからどうした? 減るもんじゃ無いだろうとか。

嫌と言ったのか? 抵抗したのか? そうではないのなら、同意の上だったんじゃないか? とか。(これは実際にドラマの中でスクールカウンセラーがハンナに対して言ったことなので驚き)

無防備なことをしていた等、自分にも落ち度があったんじゃないか? とか。

明らかにセカンドレイプと言える発言だと思うけど、未だに多くの人の口から聞く言葉です。


特に、女性が男性から暴力を受けて抵抗の余地があると思ってる時点でおかしい。

まず細身の男性相手でも力では敵いませんし、何をされるかわからない状況で(最悪殺されるかも)激しく抵抗なんてできるでしょうか?

恐怖で声さえ出せなくなることだって、珍しくないと思います(私は軽い痴漢でも怖くて声は出せませんでした)。


また、ただお尻を触られただけだとしても、もちろんそれ自体も問題ですが、その時に感じる屈辱も計り知れないでしょう。

だって、性的な侮辱を受けるということは、自分が勝手に性的なアイコンにされている=人として扱われていないのと同じなので。

対等な人格を持ったひとりの人間として認められない、しかもそれがどうってことないことだと軽くあしらわれる。

これが屈辱じゃなくて何なんでしょうか。


男の人も、仮に自分より屈強な体つきの同性愛者の男性に視姦され続けてお尻を掴まれたり、実際にレイプの危険に晒されれば、この気持ちがわかるんでしょうか。

私は、性的な侮辱や性犯罪を軽視する人は、男性でも女性でも許せません。


学生の頃に自分も感じたことがあったけど、ハッキリ言って男の子からの不躾な視線って本当に胸糞悪くて苛々します。

それをなるべく隠してくれるなら良いのですが、自分が目立つ存在で、自信のある男の子は、敢えて堂々として性的な視線を向けてくることがあります(自分は「キャラ的に許される」と思っていて、あくまで自分が周りからどう見られるかが優先で、そこに相手への配慮は皆無のように見えます)。

私は、そういう奴はぶっとばしてやりたいといつも思っていました。

もちろん、こんなことをみなまで言うと自意識過剰と言われるので黙っていたけど、一度だけあんまりにもしつこいと思った時に睨みつけて「こっちを視るな」とハッキリ言ったことがあります。

その男の子には、卒業までずっとそのことを根に持たれて最後まで「abomiさんが1年の時に俺にこう言ってきた」と言われ続けていましたね。

そうだっけ~と言って聞き流していたけど、じゃあお前の無礼さは何なんだって話です。


男の子の性欲は「本能だから仕方ないもの」として許容しなければならないの?

そしたら、それに晒される女の子の気持ちはどうなるの?

本能的なものを否定するつもりはありません。

でもせめて、隠す努力をするのがマナーでしょう。

それさえできない人に、どうして甘んじなきゃいけないの?

これ見よがしに視姦するのは相手を不快にさせるばかりでなく、エスカレートすればただのセクハラじゃないの?



クレイが13人の中に入っていた理由は?

主人公であるクレイは真面目で善良な少年なので、何故このリストに入っているのか不思議だったのですが、ハンナが自分の身に起きた出来事を整理してテープに残すためには、どうしてもクレイの存在を無視することができなかったために彼が加えられたのでした。

クレイは、ハンナとは映画館のバイト仲間でしたが、密かに彼女に恋をしていました(だから彼は、自分が彼女の自殺の要因になるようなことをした自覚がなかったため狼狽えたわけです)。

ハンナは新しい学校生活での孤独に耐えかねていましたが、クレイとのバイトは気に入っていて、彼等は良い友人関係にあったと思います。


しかし、とある事件が起こったパーティーで、二人の思いが通じ合った瞬間もあったのですがハンナは今まで自分の身に起きた色々なことを思い出して恐ろしくなり、ついクレイを拒んでしまいます。

クレイは去り、ハンナはまた独りになりました。

ハンナは、リストに載っていた他の人たちに対するのとは違い、クレイに対してだけは「決してあなたのせいじゃない」と言っています。

「私が悪かった」「あなたの傍にいる資格がない」と。

クレイはその言葉を聞いて、「僕が愛するのを恐れたから彼女は死んだ」と思い、確かに自分も彼女の自殺の原因の一人だったのだと考えるようになります。


この出来事については、二人とも悪くないんじゃないかと私は思うのですが。

自分を強く拒んだ女性に、それでも食い下がって寄り添うことができるほど、男性も強くないでしょう。

やはり傷つくのは怖いですし、去ることが正解であることもあります。


ただ、これもやはり男性と女性の視点や感性の違いなのかもしれませんが、ハンナが学校に出回った「女の子の体の部位をランク付けしたリスト」を見て、そこに自分の名前が載っていることに傷ついていた時、クレイが慰めるために言った言葉が気にかかりました。

彼は、あくまで善意で「あんなの気にすることはない」「君が魅力的だからからかっているだけで、褒め言葉のようなものだ」と。

あちゃーって思ったんです。そんな言い方は、女の子に対して何の慰めにもならないよ・・・。

だってハンナが傷ついているのは、自分が言われのない侮辱を受けているからなんです。

許していないのに、自分の体を性的な目で見て、勝手に面白がっている人たちが憎らしくて、もしかしたら何かされるんじゃないか?って恐ろしくもあるんです。

そういう気持ちでいるのに、まさか「褒められているんだ」なんて受け止められるわけないじゃん。

ハンナの体はハンナのもので、誰に明け渡すかは彼女だけが決めることで、好き勝手に慰みものにして良いものじゃない。


もし私の周りに、こういう形でからかわれている女の子がいたら、その子がどういう反応をしていようが、私はからかってる人たちにハッキリ「面白くないよ」と言うと思います。

昔も今も、たぶん言ってしまうと思う。

そのせいで自分が周りから敬遠されるようになってもいいやと思う。


私はその点冷めている部分があるせいか、自分が嫌なことを我慢するくらいなら割り切ってしまえ~!と思えるんだけど、学校生活には友達がいなければ、仲間がいなければ、と思う気持ちもわからないわけではありません。

ハンナにとっては、そういうものがとても重要で、上手く新しい環境に馴染みたかったけど叶わず、その事実が重いものとして彼女にのしかかってきたのでしょう。

精神的なキャパも人それぞれです。

もう少し踏ん張れれば、とか、両親に相談していれば、とか、後から言えることは沢山あるけれど、色々な出来事に疲れて切っていた彼女には、死ぬ方がずっと良いように思えたのかもしれません。

そのこと自体は、誰にも責めることができないと思うのです。


自死、その誘惑

「ハンナが死んだ理由が軽いと思うかどうか」について、一緒に見た夫に今度ちょっと意見を訊いてみたいなと思っています。

私の意見はと言うと、先に書いたとおり、何がどのくらい辛いと思うか、どのくらいまでなら耐えられるかは、人それぞれなのだと思っています。


ただ、色々なことが重なって、少しずつハンナの心が殺されていく描写は、このドラマにおいてとても秀逸な部分だったなと思います。

タラレバになってしまいますが、ひとつひとつの出来事が短い間に一度に起こるのではなく、長い人生の間に分散されて起こったのであれば、時が癒してくれることもあっただろうし、他に良い出会いに恵まれて新たな心の支えを得ることができたかもしれません。

更に良くなかったのは、ハイスクールという限られた空間で起きた出来事であったという点です。

大人になったら、無理にグループを作る必要も無いし、お昼を誰とどこで食べようが自由だし、馬が合わない人がいても仕事なら仕事と割り切って受け流すだけのスキルもある程度育っているので、あるコミュニティの人間関係で悩み尽くすということは、少なくなっていくと思うのですが、子供にとってはそんな簡単なことじゃないっていうのはすごく分かるのです。

だって彼等にとってはそこしか生きる場所がないんだから。

大人になると忘れがちなことですが、だからこそ、子供が苦しんでいたら、その苦しみに気付いて寄り添って、その子が生きやすい環境を得る手助けをしてあげられたら良いなと思います。



話が変わって、私の叔父が自殺で亡くなっているのですが、それもあって、私は自殺者を責める気には到底なれません。

「死ぬのを決めたのは彼女だ」という台詞が作中に何度も出てくるのですけど(リストに載った人たちが自分を責めないようにするためだと思いますが)、自殺するほど追い詰められた人に正常な判断が下せるとは思いません。

彼等は、精神的に病んでいたのだと思います。

病気ならば、彼等にも当然責任はありません。


身内が自殺で死に、それが近親者だったら、こんなことを簡単には言えないことも分かっています。

叔父の息子たち(従兄弟)は、父親を恨んでいるというようなことも言っていたし、今でも苦しんでいると思います。

叔母達も、「息子がいるのに死ぬなんて許せない」と言っていました。

でも、誰も叔父さんのことを許さなかったら、死んでも叔父さんが浮かばれることは無いんじゃないか、とも思うのです。


これはあくまでうちのケースの話なので、色々な人がいて、色々な家庭の事情があることは承知して書いております。

ただ、周囲に自死者が出た人たちは、それでも生きていかなくてはならないので、ひとつの消化の仕方として、ここに書き留めておきたいと思いました。



シーズン2からは、ハンナの両親が学校に対して裁判を起こしたので、その内容が放送されるようです。

リストに載ってしまった子供達が自分のしたことに対してどのように向き合っていくのか、気になるとこです。