日常(20200819)

あまり外出するのも・・・と思うので、休日はひたすらサブスクのコンテンツ消費に精を出している。最近見始めたのは「ゲームオブスローンズ」。海外ドラマの傑作と言われているそうですが、ロードオブザリングが好きならきっと好きだと思う、と人から薦められた。今、season3 を見終わったところだけど、season1の途中までは世界観がよくわからないし、濡れ場が多すぎてちょっと・・・と思っていた。終盤からどんどん面白くなっていく感じ。今後に期待を寄せる。原作は「氷と炎の歌」という海外ファンタジーらしい。


指輪物語の「旅の仲間」をやっと読み終わった。続いて「二つの塔」に入る。映画と違うところは、「旅の仲間」のラストは、ボロミアの死までは描かず、フロドがボロミアから逃れて一人でモルドールへ旅立とうとしたがサムが追い付いてきて、この先は二人で行こう、と決断するところまでの物語だった。何度も思ってしまうのだが、この本を是非とも原文で読みたかった。恩田陸は、母国語の原文で傑作のハイファンタジーを読める幸せを、上橋菜穂子守り人シリーズで心から味わうことが出来た、と言っていたが本当にその通り。やはり原文の美しさには及ばないところがあるのだろうな、と思う。翻訳の役割の重大さを感じる。


ファンタジー繋がりで、ハリーポッターの新装版の装丁が神じゃない?????普通に欲しい。でもきっと文庫サイズではないな。持ち歩きながら読みたいけど、やっぱり美しさで言えば、単行本がいいんだよね。本棚に並んだ時の美しさなどひとしお。


そろそろ結婚式のことで動き出さないといけないなあと思い、重い腰を上げる。延期日は秋~冬なのですが、会食無し、披露宴無し、二次会無しで挙式のみ20人以下で2時間未満の会なので、おそらくこのまま決行するだろうと思います。家族以外のゲストには声をかけるのも申し訳ないなあ・・・と思ったりもするのだけど、幸い「呼ばれたから仕方なく」という人はいないように見受けられるので、皆快く「必ず行きます」と返事をくれる。有り難いですが、くれぐれも皆にとって安心できる形で参加して欲しいなと思うし、無理なら全然不参加でもOKと思ってる(でも断りづらいよね~)。