恩田陸・考

もうすぐ待ちに待った夏休みなんですが、休みの間にちょっとフラッと出かける予定なので、その時に読む本についてずっと考えています。

私は、何故か昔から旅行の時は恩田陸が読みたいんですよね。

恩田さんがエッセイの中で「旅行中に読む本をどれにしようか考えている時ほど楽しい時はない」「むしろ旅よりこっちがメインかもしれないと思う時もある(せっせと荷物に詰めるんだけど結局1冊しか読まなかったりもして、そういう自由もあるのよね)」みたいなことを言っていたことがあるからだと思います。

私も旅の時に読む本を考えるのはとても楽しい。

そして恩田さんは旅の時こそミステリがいい!とも言っていた気がする。


そんなわけで、恩田さんの本の中でまだ読んでないものを購入しようかと思い、調べて見た。

ついでに私は恩田さんの本を一体どのくらい読んでるんだろうな?と、ふと気になったので、以下の引用したランキング(作品を網羅しているわけではないけど)に○をつけて、自分が読んだ本をチェックしてみた。

結果、半分も読んでなかった(笑)

それから気になってたのに読んでなかった本にはアンダーラインを入れてみた。ほぼミステリですね。


ランキング上位に入っているのは、ほとんど学校が舞台だったり青春物語だったりするのだけど、私は恩田さんはそこはかとなく不気味で不思議な世界を描いてる時が一番好きなので、あんまり手出ししなかったのかもしれないなあ(ちなみに一番好きな世界観は“木曜組曲”)。

でも、せめて上位に入っているのだけは網羅してみようかな。

しかしどのランキング見ても“蜂蜜と遠雷”は大抵上位にランクインしているので、人気なんだなあ(直木賞取ったから余計かしら)。




(参考)
reajoy.net
www.mottainaihonpo.com

1位 夜のピクニック○ 22票
2位 蜂蜜と遠雷 17票
3位 チョコレートコスモス 10票
4位 六番目の小夜子○ 8票
5位 ネバーランド○ 6票
5位 光の帝国 常野物語 6票
7位 ライオンハート 5票
8位 三月は深き紅の淵を○ 5票
9位 蒲公英草紙 常野物語 5票
10位 木曜組曲○ 4票
11位 麦の海に沈む果実○ 3票
11位 ユージニア○ 3票
11位 Q&A 3票
11位 黒と茶の幻想○ 3票
11位 エンド・ゲーム 常野物語 3票
11位 MAZE 3票
17位 ネクロポリス○ 2票
17位 ドミノ 2票
17位 月の裏側 2票
17位 象と耳鳴り 2票
21位 雪月花黙示録 1票
21位 ねじの回転○ 1票
21位 いのちのパレード 1票
21位 私の家では何も起こらない 1票
21位 きのうの世界 1票
21位 クレオパトラの夢 1票
21位 禁じられた楽園 1票
21位 錆びた太陽 1票
21位 ロミオとロミオは永遠に○ 1票
21位 蛇行する川のほとり○ 1票
21位 夢違 1票
21位 球形の季節 1票
21位 ブラック・ベルベット 1票


追記:

ランキング外ですが、以下も気になる作品。

『七月に流れる花』『八月は冷たい城』『夜の底は柔らかな幻』『不連続の世界』