春は憂鬱も含めて春

f:id:abomi:20210402111747j:plain



春が好きですが、3月も中旬頃になると異動の話がちらほら出てくるので、自分に異動がなかったとしても何だかソワソワして落ち着かなくなります。

思えば学生の頃から入学式や新生活に馴染む期間が苦手でした。

小学生の頃は入学直前に髪の毛を母親にバッサリ切られて男の子と間違われまくるし、出席番号が最後だった中学の入学式では何故か私の分の椅子が一脚足りなかったし(これは流石に今思い出しても可哀想だわ・笑)、高校入学後初の身体検査では私の名前が見ようによっては男みたいだから「お前は俺の影武者になれる」という理由でチンピラみたいな男子に何故か学生証を奪われた。

そういういざ!って時になんかよくわかんないトラブルに見舞われる星の下に生まれている気がしていた。


新しく人間関係を作るのも憂鬱だし、新しいことをするのがそもそも苦手。

でも、友達作りは得意じゃなくてもクラスから浮いたことは無いし、職場で孤立したこともないので、社会の中で生きる能力はわりかし高い方なのだと思います。


とは言え小さい頃からそうだったわけではなく。

私には2つ離れた姉がいるのですが、未就学児~小学一年生の始めの頃はいつも姉にくっついて姉と姉の友達と遊んでいました。

すると何が起こったかと言うと、姉の友達がこぞって私を苛めたんですね。

苛めと言っても、しつこくからかわれたり皆で遊んでいるのに一人だけ置いて行かれたり除け物にされたりとか、そんな可愛いレベルのものではありましたが、姉は私がちょっかいを出されていても傍観していたし、何なら二人で遊んでいる時もほとんど無視されてました。きっと小五月蝿い私がウザかったのでしょう。

大人になってからその時の話をすると、姉は「abomiはちょっとからかいたくなるような可愛げがある子だったんだよ(ただし五月蝿いところは本当にウザかった)」とフォローするのですが、子供の頃の2歳差って結構大きいし、当時はそこそこ辛かったんですよね。


一方で、不思議なことに同級生の中に入ると自分で言うのも何ですが私はなかなかに好かれました。

これは何故なのか未だにわからないですが、幼稚園も小学校以降も、自分から何か働きかけたわけではなかったけどどちらかと言うと人から好かれたし、苛められたこともありませんでした。


ただこれ、今になって分析してみると、私は未就学児の頃に姉の友達に苛められ続けたおかげで「人から舐められない処世術をかなり早い内に身につけていた」とも言えるかもしれないと思うのです。

と言うか、そうなんだと思います。

何故なら、私は比較的小さい頃から他人の顔色を必要以上に観察する子供だったからです。

相手がどんな感情か、何をしたら喜び、怒り、どんな態度を取ったら侮られるのか、なんとなくですが、感覚的にわかっていました。

何でそんな風になったかと言うと、元々私が持っていた特性もあったと思いますが、やはり姉の友達との関係性もあったと思いますし、もう一つの原因としては、親・親戚に姉と比べられていてそこまで手放しに可愛がられなかったというのも大きい気がします。

私の周りで、姉と私を比べないで分け隔てなく無条件に可愛がってくれたのは母だけでした。

父はそもそも自分で自分の世話をできない幼い子供を煙たがっていた所があるし、祖父母はすぐ怒る怖い人だったし、母方の親戚は姉の方を特に可愛がっていました。(これも私があんまり懐かなかったから仕方ないでしょう)

そういう背景から、「等身大の自分は好かれない」が私の一番最初のデフォルトになってしまったような気がします。


就学後に同級生から好かれるようになったなら、その環境を素直に享受すれば良いのだろうけど、自分としては好かれることが不思議で警戒心の方が強かったように思います。

本当の私のことをあまり知らないから、この人は私に好意的に接してくれるんだろう、と心の何処かでいつも思っていました。

だからと言って世をすねて孤独を愛するようになる・・・ってことでもなかったですが、そこはかとない寂しさは常にありました。贅沢かも知れないけれど。

この感覚は大人になってからもずっと尾を引いていて、未だに家から一歩に出た後の自分は、別の何者かを演じているような気分になることがあります。


こんなことを書いていますが、だからと言ってそのことを物凄く悲観的に考えているわけではなく、生きづらさが無いわけではないけどまあいっか・・・・(自己完結)くらいには吞気に構えているので病んだりすることはないのでしょう。

私のような内弁慶な人は、自宅や自分のスペースを居心地の良いところにするとすごく精神が安定する気がします。

私の場合は、学生~新社会人時代よりも、一人暮らしを始めて自分で自分の暮らしをデザインできるようになってからの方が圧倒的に気持ちが落ち着きました。

リラックスできる家にじっとこもっていてもいいし、そこを拠点にして(帰る場所があるという安心感)外に出かけていくことは、なかなかに楽しいことだ、と30歳になってようやく身に染みてわかるようになってきた気がします。

お題「ささやかな幸せ」